任意整理や自己破産の借金問題情報

任意整理や自己破産などの借金問題の相談は、街角法律相談所がオススメです!!!

 

借金問題は、街角法律相談所(全国対応)にご相談ください!!!

 

あなたの街の安心できるプロの法律家をすぐに検索できます!!!

 

↓借金問題に関する無料相談はコチラ↓

 

突然のリストラや病気などにより消費者金融やクレジットカードのローンの支払いが返済不能になるケースが多発しています。

 

また、定年後の住宅ローンの返済ができなくなり老後破産する家庭も急増中です。

 

・日本の高齢者人口の約20%が老後破産する!?

 

任意整理と自己破産で、借金問題を解決しましょう!!!

 

現在の日本社会で、個人の借金問題の解決策として代表的なのものは、任意整理と自己破産です。個人の借金問題トラブルは、この2つの法手続きでほとんど解決可能です。

 

任意整理と自己破産は、それぞれ、法律のプロに任せることが1番お安く賢い方法です。

 

個人のローン問題を賢く解決してくれる任意整理とは?

 

どうやりくりしても、もう、どうやってもローンが返済できない。そんな時、多重債務者の方の選択は3つに限られます。

 

・自己破産
・任意整理
・借金を踏み倒す(夜逃げ)

 

この3つです。この3つの中で1番、安心で、世間の信用を失わずに借金を整理できるのが、任意整理です。

 

任意整理とは、債務者が、ローン会社や、消費者金融と直接個人的に、交渉して、債務を減額してもらうことです。本来ならば、借金した本人が債権者と交渉して債務減額を申し出ることが普通なのですが、街角法律相談所に登録している債務問題のプロが、借金している本人に代わって債務減額の交渉を行ってくれます。

 

法律の専門家を通して任意整理を頼めば、基本的には、自分の月収の30%程度の返済額に借金返済が減額されます。月収30万円の方ですと、毎月の返済額が9万円前後となります。

 

それに、借金した元金の半減や30%や20%程度の金額への大幅な減額になることもあります。

 

もし、しっかりとした仕事をおもちの方で多額の借金の返済で苦しんでいる方は、街角法律相談所に登録されている法律の専門家に任意整理を相談してみてください。

 

↓任意整理に関する無料相談はコチラ↓

 

任意整理が無理ならば、自己破産で借金問題を解決しましょう

 

この厳しい経済状態の日本社会の中で、リストラや病気になってしまい任意整理をするための経済力すらない方がおられると思います。

 

そんな方のために、最後の手段として自己破産があります。債務の多少にかかわらず、裁判所が認定すれば、すべての債務から解放されます。生活に必要な最低限の財産を除いて、すべての財産は没収されますが、借金は免除されます。

 

手続きもすごく簡単です。裁判所に用意されている申請書に必要事項を記入して申請するだけです。自分でもできますが、普通は、法律のプロに自己破産の手続きを任せるのが一般的です。自己破産は、世間で言われているよりもデメリットは意外に少ないです。

 

まず、いいのが、自己破産したことが会社に知られることはまずありません。自己破産が原因で会社を解雇されることもありません。しかも、戸籍に傷がつくこともありません。

 

この自己破産手続きで1番の問題になるのは、ギャンブルによる借金です。ギャンブルで破産した場合、裁判所は、自己破産を認めてくれない場合が多いです。

 

もし、ギャンブルが原因で自己破産を申請するする場合は、しっかりと法律のプロに相談して手続きをふみべきでしょう。

 

そして、自己破産後に困ることになるのは、ブラックリストに登録されてしまうことです。普通の人で、5年から7年の間は、銀行や消費者金融から借金ができなくなり、クレジットカードも作れなくなります。

 

これらのことをよく、考えて、法律のプロとよく相談して、借金問題をしっかりと解決しましょう。

 

↓自己破産に関する無料相談はコチラ↓

 

これからの日本のサラリーマンを直撃する円高ショック

 

シャープや東芝の例に見られるように、もう、これからは、大企業に就職すれば、一生安心の時代は完全に終焉を向かえました。この動きは、日本のサラリーマンに大きな地殻変動を与えることになると思います。

 

イギリスのEU離脱報道などで、円が1日に5円動くような時代になってしまいました。イギリスの離脱はリーマンショックレベルのたいへんな経済的損失を日本経済にあたえると思います。

 

その大きな要因となるのが円高です。

 

これから、この円高によって日本のサラリーマンの生活やライフプランは激変をよぎなくされるでしょう。

 

簡単に言えば、円が高くなることによって、日本の基幹産業となっている輸出産業、自動車、電子機器などの会社が業績を大幅に悪化させるはずです。

 

そうなれば、シャープや東芝はますます、リストラを加速させます。今まで、比較的、健全経営をしてきた、自動車産業界もいよいよ、本格的なリストラを開始するはずです。

 

そうなった場合、大企業に勤めていて、車のローンや住宅ローンなどを組んでいたサラリーマンの方たちは、トタンの苦しみを味わうことになるでしょう。

 

転職やリストラによる給料ダウンは平均で40%カットになるというのが通例です。

 

つまり、中高年がリストラに合った場合、40万円もらっていた給料が、24万円になる計算になります。

 

そうなった場合、30年の住宅ローンでも組んでいたら、一撃でアウトです。月々10万円程度の住宅ローンなど払えませんし、ボーナス払いまで設定していたらどうやって生活すればいいのでしょうか。

 

円高が原因で、リストラになった場合、すぐに、借金問題に着手して敏速な決断を考えるべきです。

 

↓任意整理に関する無料相談はコチラ↓